2008年05月18日

LLPのメリットー構成員課税方式 @

合同会社(LLC)をはじめ、会社はすべて法人です。

したがってその法人には、法人税が課せられます。

コレに対し、LLPは法人ではないため、LLP自体に課税は行われない。つまり、何年にもわたって黒字を出し続けてても、まったく課税されないのである。

では、どのような時に課税が発生するのしょうか?

LLPへの出資者が、そのLLPから利益分配を受けた時に限り、各出資者に対して課税が行われるのです。

このような方式を構成員課税(あるいはパススルー課税)と呼びます。

構成員課税のメリットLLPは黒字、赤字どちらの場合にも存在します。
posted by ともゆき at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LLP設立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97131124

この記事へのトラックバック
遠藤和博 川村 明宏 田辺祐希 今田信宏 今田信宏 小原大二郎 森部昌広 クロスステッチキット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。